あき部屋

保存庫

われ何を知るや

f:id:b9q:20170608121622j:plain

「やあ、よろしく」と男は右手を差し出してきた。

何だこいつは、と私は思った。日本人のくせに握手だと? 日本人なら「どうもどうも」と言いながら、ペコペコお辞儀をするのが由緒正しき作法だろうが。

だが、仕方がない。差し出された手を無視するほど、私は不作法な男ではない。嫌々手を軽く握ると、相手はギュッと握りしめてきた。何をしやがる、と出かけた言葉をゴクリと飲み込む。

男の手は、冷たかった。そして、汗ばんでいた。私は、男の汗を自分の手のひらにはっきりと感じた。

背筋が震えた。以前読んだことのある汗に関する知識が、私の頭の中によみがえったのだ。

ご存知か?

汗の成分は、オシッコの成分とほぼ同じである。尿素の比率がちがうだけだ。つまり汗を感じたというのは、その男のオシッコをさわったのと同じなのだ。

ああ、こんな知識なければよかったのに。知らなければ、平気で人と握手ができたはずなのである。

私は、「ちょっと失礼」と席を外した。トイレに行って、ポケットの中に常備している消毒ウェットタオルで手を拭こうと思ったのだ。本人を目の前にして、握手したばかりの手を拭けるほど、私は神経が太くない。

まず手を洗うか、と蛇口をひねって、私は異常に気がついた。トイレの中がひどくくさかったのである。イヤな予感がした。

背後の個室で水が流れる音がして、ドアが開いた。同じ階にある法律事務所の男の姿が、鏡に映った。この階で一番くさいウンコをする男だ。

「やあ、どうも」と挨拶をしてきたので、私は、鼻声で挨拶を返した。

「おや、風邪ですか」と男が言い、私は「ええ」と答えた。まさか、「私が鼻声なのは、お前のウンコのニオイをかぎたくなくて鼻から息を吸うのを止めているせいだ」とは言えないのである。本当は、完全に息を止めたいところなのだが、それでは返事ができないので仕方がない。

また、とある知識がよみがえった。

ご存知か?

ニオイを感じるというのは、ニオイの分子が鼻の奥にある受容体に触れるということである。つまり、ウンコのニオイを感じるというのは、ウンコの一部が体に入ってきたと言うことなのである。そして、私は、先ほど挨拶をした時に、確かに舌の上に彼のウンコの分子を感じたのだ。

嘔吐感が突き上げてくる。

ああ、こんなこと知らなきゃよかった。

人間は、無知なままの方が幸せだったのだ。なぜ、イヴは知恵の実を食べたのか。なぜ、アダムまで食べてしまったのか。子孫がどれだけ苦しむか、お前たちはわかっていたのか。私は、イヴをだました蛇を憎む。熱力学第二法則を憎む。

私の頭は混乱していた。だが、体は、機械的に動き続けていた。消毒ウェットタオルで、手のひらを、鼻の穴を、舌の上を、不潔と思われるすべての場所を、いつまでも拭き続けたのだった。

 

 

広告を非表示にする

ツバを吐きかけられた男

f:id:b9q:20170603093012j:plain

さて、今日は、唾液の話である。

唾液に関するコペルニクス的転回だ。皆さんが持つ「ツバ」に対する認識が、がらっと変わること間違いなしである。心して読んでいただきたい。

よく映画などで、ヒロインが悪党に向かってツバを吐きかけるシーンがある。相手を侮辱する行為であり、悪党は「後悔するぜ」などと憎々しげに言いながら、ハンカチで自分の顔をぬぐうのだ。

「うひょお~」などと喜んで、「もっとかけて」などというケースはほとんどない。あったとしたら、それは変態キャラクターの設定なのである。あくまで例外だ。

このケースを見ても、唾液というものは侮辱の象徴であり、悪意の具現化であることは明らかだ。日本では昔から「ツバを吐くべからず」という言葉もあるように、唾液というものはよろしくない存在なのだ。

「しかし、ちょっと待てよ」と私は考えた。

今、私の口にあるこの液体は、まさしく唾液そのものではないか。それを常に口の中に感じ、時々、ゴクリと飲み込んでいる。

他人のツバは汚くて、自分のツバは汚くないとでも言うのだろうか。

いやいやいや、成分的には同じはずだ。唾液とは、水や電解質、粘液、様々な種類の酵素からなる液体であり、私の唾液だけ主成分が薔薇の花びらから抽出されたエキスなどということはあり得ない。

それならば、他人からツバを吐かれても平気ではないかっ。いつも自分が飲み込んでいるツバと、同じ成分なんだからっ。

これこそ、コペルニクス的転回である。アルキメデスなら「ユーレカッ」と高らかに叫んで風呂から飛び出し、フリチンで街を疾走したことだろう。

皆さんも、これから先、侮蔑の言葉を投げかけながらツバをペッと吐きかけられることがあっても、落ち込む必要などまったくないのだ。「私のツバと同じ成分だからね。ヘーキヘーキ」とすました顔をしていればいいのだ。

そして、もし私が美女に「この最低ヤロウ」とツバを顔に吐きかけられ、それを指でぬぐってペロリとなめながら「うひょお~、もっとかけて」と言ったとしても、それは決して変態だからではないということを、今、ここでお伝えしておきたいのである。

私は、そんな性癖の持ち主では断じてない。

 

 

広告を非表示にする

のらない仕事

f:id:b9q:20170602111004j:plain

昨日は、一睡もしていない。完徹である。

寝てないアピールはうざいんだそうだが、実際に寝ていないのだから仕方がない。「つれー、昨日一睡もしてねえから、つれー」と存分にアピールしてやろうと思う。

なぜ、寝てないかというと、休み明けに提出する仕事が、さっぱり進んでいないせいだ。なぜ進んでいないかというと、仕事に対して、まったく集中できなかったからだ。

ちょっとパソコンに向かっかたと思うと、すぐに読みかけの本を読みはじめる。また、ちょっとパソコンに向かったかと思うと、今度は、任天堂3DSをやりはじめる。ふだんはバカにしているテレビ番組も、意外と面白くて、つい最後まで見てしまう。気がつくと朝になっていた。

なぜ、そんなに効率が悪いかというと、仕事の内容が面白くもなんともないからだ。しかも金額が安くて、テンションがだだ下がりである。リーマンショック以前と比べると、単価が3分の1以下になってしまった。

本当は、こんな仕事はさっさと終わらせるべきなのだ。

具体的に、もっとわかりにくく説明してみよう。

例えば、私が殺し屋だとする。殺す相手は、爺さんだ。しかも、寝たきりで、夜は一人きりで、さらに玄関も開けっ放しである。野中の一軒家で、周辺には誰も住んでいない。実に簡単な仕事だ。

「簡単だからね。殺しの依頼料は3,000円ね」

本当なら、さっさと出かけていって、さっさと殺してしまえばいいのである。時間をかければかけるほど、損をすることになるのだ。

しかしね、あなた。

こんな仕事、やる気がでないのに決まってるじゃないですか。

「うーん、殺しに行く前に、昨日録画したウォーキング・デッドを見とくかな」とか「なんか、おなかが痛いぞ。途中で漏らしたりしたら大変だしな。今日は、やめとくか」とか、いろいろ言い訳をして行くのを遅らせてもやむを得ないのである。

これが殺す相手が巨乳の女子大生なら、すぐに出動する。

「なに、女子寮に住んでるのか。しかも、最新の防犯システムを採用か。なに、警備員も3人常駐ですとっ。よーし、まず調査だな」と出かけていき、徹底的に調べる。「ほお、ターゲットは、空手の有段者で全日本の大会で優勝もしているのか。これは、楽しみだ」

「殺し方にもこだわるべきだな。ナイフは、とりあえず大小7本持って行こう。ノコギリは無粋だからいらないな。そうだ、バナナとキュウリも使ってみるか。いやいや、ここは、どーんと大根にしておこう、うん、大根に決定っ」などとやる気満々である。

さらには、ターゲットが菅直人元首相だったら(以下、623文字自主的に削除)。

そんな妄想をしながらヘラヘラしていると、電話が鳴った。相手先を見ると、つまらなくて安い仕事を頼んできた、今まさに「やる気しねえ」と延ばし延ばしにしている仕事の発注者だった。

「この間お願いした仕事、まだ、できてないんですか? 休み前には提出できると言いましたよね。早くしてくださいよ。もう、ケツが決まってるんですからね。こっちにしわ寄せが来るんですよ。スケジュール表送りましたよね。ケツ決まってるの知ってますよね。こんな簡単な仕事に時間がかかるなんて、いったいどうしちゃったんですか」

ケツケツとうるさいやつだ。

「大根を突っ込んでやろうか」と私はつぶやいた。

 

 

広告を非表示にする